ガソリン代がお得なカードはこれ!

ガソリン代がお得なカードはこれ!

自動車があるだけで通勤や通学、買い物などが大変便利になりますね!

しかし自動車1台所持するだけで、「車検代・保険代・ガソリン代」など維持費が莫大にかかってしまいます。

自動車の安全を守るために義務付けられている車検、車検代を削る事は出来ません。

自動車保険は任意加入ですが、人身事故などを引き起こした場合などの事を考えると、殆どの自動車所持者が加入しています。

自動車保険代金は自動車の年式や免許証のカラー、利用目的や排気量など様々な要素で料金が設定されます。

どんなに割引サービスを利用したとしても、削れる部分が限られているんです。

自動車を所持する上で維持費を削れるとしたら「消耗品」になりますね!

消耗品と言っても溝の無いタイヤで走行するなどは危険行為!

ガソリンを給油しなくては自動車は動きませんが、ガソリン代金の支払い方法を変えるだけで節約に繋がるんです!

現金払い値引きをしているガソリンスタンドも多いですが、それに加えガソリンカード独自の割引きがプラスして利用できるんです。

ガソリンカードには2タイプあるのですが、車の節約を究極にしたいのであれば石油系元売販売業者が発行しているガソリンカード!

店頭表示価格が会員価格で利用できる他、毎月一定額の割引き適用となるんです。

ガソリンを利用する機会が多ければ多いほど割引率が引き上げられたりと、サービスは提供会社によって異なります。

クレジットカードですが1回払いなら手数料が無料なので、コンスタントに返済出来るのであればとってもお得なんです♪

ロードサービス付帯など車に対しての特典サービスもあるので、自動車が故障したときなども無料でレッカー移動サービスが受けられたり出来ます。
※レッカー移動は指定距離数あり

ガソリンカードにはそれぞれ発行している会社により、割引き制度や利率などが異なりますので選ぶ際は色々比較してみましょう。

その際は自動車の利用度などを参考に比較してみる事をおススメします。

ガソリンカードの選ぶ基準

ガソリン代を少しでも節約しようと、ガソリン値引きやロードサービスなどが充実したガソリンカードに申し込もうと思っている方に、
数あるガソリンカードを選ぶ基準のポイントを、いくつか紹介しますね!

「いきつけのガソリンスタンドがある」

自宅近所や職場への通勤途中にあるガソリンスタンドを行き付けとしている人。

大手の石油系販売元売会社なら、殆どの会社でガソリンカードを発行しています。

それぞれ独自の値引率を設けたり、ガソリン給油の度にカード支払いでポイントが貯まるなどのサービスが充実。

これまで現金支払いでガソリン給油をしていた方は、いきつけのガソリンカードがおススメです。

ガソリン値引率のよいカードに申し込もうとしている方。

スタンドへ行くのに時間と距離は大丈夫ですか?

せっかく値引きされても自宅近辺などの周囲に無い場合、スタンドへ出向くだけでもガソリンが減ってしまい逆に損をしてしまいますよ。

「個人利用・法人利用」

多くの方は個人でガソリンカードを利用をすると思いますが、運送会社などに勤務していると法人でガソリンカードを利用した方がお得の場合があります。

もしも会社の車を個人のガソリンカードで使う場合は、ポイントが還元されるタイプのカードがおススメです。

「毎月のガソリン給油量で決める」

自動車の利用をレジャーのみにしている場合、毎月かかるガソリン代金って少ないですよね?

多くは通勤通学と共にレジャーでも利用するなど、日常の足として自動車を利用する人が多いです。

毎月のガソリン利用料金が1万円以下の方は、ガソリン値引きに力を入れているガソリンカードがおススメ。

ポイント重視のカードだと、利用料金が少なければ中々貯まらず、ポイントの有効期限が過ぎてしまう可能性があります。

逆に毎月のガソリン利用料金が1万円以上、2万円を超えるような方はキャッシュバック還元カードがおススメ!

ガソリンカードでも支払いが多ければ多いほど、キャッシュバック率がアップするのでとってもお得です。

ガソリンカード比較サイト

ガソリン代金の高騰にそなえるためにガソリン代の節約を徹底的に考えて比較しているサイトです。 ガソリンカード選びに迷っている人におすすめします。→ガソリンカード